NYライフを盛り上げる!
activenyer.exblog.jp
Top
<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
|
2008年 05月 23日 |
第7回写真ワークショップのお知らせです!

若葉も目に馴染んできた今日この頃、美術館で別の眼を楽しませるのはいかがですか?

今回は現在International Center of Photographyにて行われている現代日本人写真家13人によるHeavy Light: Recent Photography and Video from Japan展のガイドツアーを行いたいと思います。畠山直哉や澤田知子など、日本で写真の芥川賞と言われる木村伊兵衛賞を受賞した国際的に名高い写真家から、今回初めて海外で作品を発表する写真家まで、バラエティに富んだ日本写真の今がこの展覧会でご覧になれます。前回行われた日本人写真家のグループ展から約30年、日本の写真で今何が注目されているのか、なぜ今日本の写真なのか、日本の写真の面白さとは何か、をこの展覧会を通して見ていきましょう!今回少しばかりのお手伝いをさせて頂く機会に恵まれましたので、インサイダービューを交えてそれぞれの作品のお話をできればと思っています。

ツアーは30~40分を予定しており、その後希望者の皆さんで夕飯をご一緒する予定です(レストランは未定)。恐らく大丈夫だとは思いますが、美術館と来館者への配慮から希望者が10名を超えた場合は誠に勝手ながらご遠慮頂く事もあるかと思いますがご了承ください。ちなみにリュックや大きいバッグは預ける必要がありますので、ご面倒な方は小さめの手提げなどをお持ちになると良いかと思います。


詳細は下記をご覧ください。

日時: 5月31日(土)17時

集合場所:International Center of Photographyのロビー

1133 Avenue of the Americas New York, NY 10036
(43rd StとAvenue of the Americas (6th ave)のコーナー)

電話:212.857.0000

美術館のウェブサイトはこちらをご覧ください。
http://www.icp.org/

なお、入場料として大人$12、学生、シニア$8がかかりますので、あらかじめご了承ください。(12歳以下のお子様は無料です。)


正確な人数を把握する為に、お手数ですが下記に出席のご記入をお願いいたします。(ツアー後の食事会参加希望の方はその旨ご記入頂けると助かります。)

出席確認
お気軽にお問い合わせください。

それでは皆様にお会いできるのを楽しみにしています!
[PR]
2008年 05月 22日 |
前回は定員を超える50名以上の方にご参加を頂き、沢山の方が交流できる時間となりました。過去2回の様子については、以下ブログをご参照ください。
NYライフを盛り上げる! 交流会・懇親会

この会では、参加者のNYライフをより充実させるために、お互いの専門分野を紹介しあい、文化芸術の活動、社会貢献活動、異業種交流会、スポーツ、イベント等をみんなで企画していま
す。
発足時から自然とどんどん輪が広がり、今ではNYの街を綺麗にするゴミ拾い、囲碁の会、写真Workshopが隔週ごとに定期的に開催され、スポーツや旅行等個別のイベントもあわせ、参加者が楽しく過ごせる場となっています。

つきましては、今般下記の通りPartyを行い、楽しくゆっくりと交流の輪を広げていければと思っております。

参加形式は、一人一品ずつ料理あるいは飲み物をご持参いただく形で、参加費用はかかりません。参加者一人一人で作る交流会に、ご友人等お誘いの上どうぞ奮ってご参加下さい!

           記

1.日時:5月30日(金)19時スタート
  *24時まで行っていますので、遅れてのご参加も大歓迎です。   
     
2.場所: 500 West 56 Street, New York (10th Ave. 56th street)
     マンション名「West Port」
酒井がロビーにて待機しております。
  
  夜景が綺麗なParty Roomを予約しています。

3.持ち物:お料理かお飲み物等お一人一品ずつご持参ください。皆さんでそれぞれシェアできればと思っています。

 皆さんのご厚意で考えたPartyなので、料理や飲み物が足りないといった場合をのぞき、会費は頂きません。

4.参加連絡
ご参加頂ける方は、以下サイトにて、英語にて氏名をご記入下さい。もしくは、酒井までご連絡下さい。ビルに入るためのRegisterに必須となりますので、よろしくお願いいたします。

参加登録

入力期限は、当日の12時までとさせて頂きます。

何かご不明点がありましたら、お気軽にご連絡下さい。

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
[PR]
2008年 05月 20日 |
おはようございます。最近寒かったり、暖かかったりと服装にこまってしまう日が続いていますが、風邪をひかないように気をつけて下さいね。

さて、次回の囲碁AMIGOのご案内です。
日時: 5月24日(土) 午後2時から5時くらいまで
(初心者教室、9路盤コース、19路盤に分かれてワークショップを行います)
場所:NY囲碁センター(52st、1Ave と2Aveの間。目立たないですが「碁」の看板があります)

入口でボタンを押すと開けてもらえます。
参加費:NY囲碁センター場所代 7ドル
(初めての方は初回は無料でお楽しみ戴けます。)

幹事:鈴木祐子、奈尾真一
出席の方は >こちらに登録をお願いします。
それでは土曜日に♪

鈴木
[PR]
2008年 05月 19日 |
c0143119_21315287.jpg
c0143119_21313877.jpg

Tシャツを着ての第2回目のごみ拾いを行いました。
参加してくださったみなさま、お疲れさまでした。

前夜までの雨が嘘のように晴れ渡り、気持のいい天気の中での活動になりました。当日はいつも通り48st/5Avから出発して西へ向かい、Broadwayまで行ってから49stを折り返すルートでごみを拾いました。毎度のことながら、次から次へとゴミ袋が必要になるほどごみを拾いました。それでも、大勢でおしゃべりしながらの活動は真剣に拾いつつもとても楽しくて、笑顔の絶えない2時間でした。

今回は総勢20名近くの黄緑の軍団だったこともあって、かなりの露出度でした。
ごみを拾っている最中に、たくさんの方々から声をかけられ、中には、「私たちが住むニューヨークという街への感謝の気持で、“Shining the Big Apple”というスローガンとともにニューヨークの街をきれいにする日本人たち」に感動し、「Very very wonderful storyだから、友人の記者に是非紹介させて欲しいから名刺か何かくれない?」と言ってくれる方もいらっしゃいました。もしもNew York Timesなどに掲載されれば(夢の話ですが)、街をきれいにする心が多くの人に伝わるチャンスになります。これまで以上に多様で多国籍な人たちと知り合うきっかけにもなるかもしれません。
これからも地道にごみを拾い続けていきましょう!

最後は、私たちの活動に共感し、集合場所としてご自身が経営するデリを提供して下さり、コーヒー等も無料で下さっているNamさんへ、感謝状とTシャツを差し上げました。とても喜んで、早速Tシャツを着て仕事に戻られました。

c0143119_21312457.jpg


次回のごみ拾いは6月です。
また楽しみましょう。

c0143119_2134598.jpgc0143119_22416.jpg
c0143119_226182.jpgc0143119_2261374.jpg

c0143119_21332841.jpgc0143119_2241180.jpg

[PR]
by activenyker | 2008-05-19 03:30 | ごみ拾い
2008年 05月 15日 |
最近はどんどん暖かくなってきて、半袖の人も出てきましたね。
朝からTシャツを着れる方は着て、Shine the Big Appleのスローガン通り、街を綺麗にしながら、笑顔いっぱいの温かい時間を皆さんで過ごせたらいいなって思っています♪

今回は、出来ればいつもお世話になっていますVariety CafeのNumさんにお礼状をTシャツを贈呈できればって思っています。

以下が詳細となりますので、第17回目のゴミ拾いにも奮ってご参加ください!!


        記

【第17回:5月17日(土)午前9時より~10時半】

集合場所:Variety Cafe (地図)
48 W 48th St, New York, NY 10036

出欠確認
こちらにご参加できる方のみで構いませんので、○とお名前をご入力いただけましたらと思います。出来るだけ前日前までにはご入力をお願い致します。当日に用意するトングやほうきの数の調整のための人数把握のために参考にさせていただきます。

持ち物:各自ゴミ袋を持参下さい。軍手をお持ちの方は、そちらも忘れずに!

なお、雨天/雪の場合は、せっかくですので語らば(語り)の会としてそのままカフェでコミュニケーションを楽しみたいと思います。

宜しくお願いします。
[PR]
by activenyker | 2008-05-15 00:46 | ごみ拾い
2008年 05月 13日 |
週末のワークショップに参加して下さった皆様、ありがとうございました。

今回はこれまでで一番多くの方に参加して戴き、NY Go Center の地下一階が狭く感じた程でしたね。しかも上で打っていた多くのアメリカ人が、「楽しそうだね」と見学に来てくれました。これも皆さんが楽しく碁を打ってくれているお陰です。ありがとうございます♪

今回は、安間くん、かほりちゃん、志村さんが19路盤デビューを果たしました!初めての19路盤はいかがでしたか?最初は時間もかかって疲れるかもしれませんが、囲碁はここからが面白くなっていくので、皆さんも早く19路盤デビューをできるように頑張って下さい。19路盤デビューは一応20級程度を目安にして います。(私に9路盤で3子ハンディで勝てば19級です。)

そして、今回は初段の Randy 君が参加してくれて盛り上がりましたね。私個人的には、9路盤で彼に2回も完敗してしまってショック・・・(>_<)
今度は Randyくんにリベンジできるように頑張ります。

さて、今回の昇級者は以下の通りです:金刺素子さん  30級→23級

なんと今回素子さんが一気に7級アップの23級に合格です!
奈尾ちゃんの大石を仕留めての文句無しの連勝だったそうです。
素子さん、もうすぐ19路盤デビューですね~♪

最後になってしまいましたが、おやつを差し入れて下さった皆さん、本当にありがとうございました。やはり、みんなで楽しくワイワイと碁を打つには、おやつとお茶は必須アイテムですね♪ 皆さんのお心遣いに感謝です。

次回の NYAMIGO ワークショップは5月24日(土)です。またそれまでにまた宿題を出す予定ですので、皆さん頑張って考えてきて下さいね。

それでは今週も頑張りましょう!

鈴木

c0143119_0362213.jpg
c0143119_0363264.jpg
c0143119_0364411.jpg

[PR]
2008年 05月 09日 |
皆様

5月に入り、新緑の美しい季節になってきましたね!
週末は土日とも桜祭りに行ってきたのですが、ちょうど八重桜が
満開でとてもきれいでした。これから屋外へ出かけたくなる季節でも
ありますが、室内での囲碁もどうぞお忘れなく(笑)。

次回の囲碁AMIGOのご案内です。

日時:5月10日(土) 午後2時から5時くらいまで
(初心者教室、9路2回目コースに分かれてワークショップを行います)
場所:NY囲碁センター(52th、1Ave と2Aveの間。目立たないですが碁の看板が
あります)
http://www.nygocenter.org/
入口でボタンを押すと開けてもらえます。
参加費:NY囲碁センター場所代 7ドル
     (初心者のみ2回目から1ヶ月参加費無料です)
幹事:鈴木祐子、奈尾真一

出席の方はこちらに登録をお願いします。

鈴木
[PR]
2008年 05月 07日 |
c0143119_17264421.jpg

13名が集合し、出来あがったTシャツを手にとって集合写真を撮影。最近は毎回新しい方がご参加頂いています。輪が広がじょじょに広がり、いつも感謝です。ありがとうございます。

その後は、47th, 46thの6ave, 7ave近辺を綺麗にする中、ひときわ目立ったのが、Tシャツでした!通行人からも声をいつも以上にかけられる他、写真にも撮られ、Tシャツにかかれているメッセージが生き生きとMidtownを駆け巡っていました。

また、昨日はマラソンで一部道路が閉鎖された関係で、大通りを堂々と歩き渡り、気持ちよくゴミ拾いができました。そんな爽やかなシーンを、みんなで集合写真!
Tシャツを着ながら、新鮮な気持ちでやれて、とても楽しい時間となりました。
次回は、大勢でゴミュニケーションを、またNY Midtownを盛り上げていきましょう♪

c0143119_17273450.jpgc0143119_17275061.jpg
c0143119_17281288.jpgc0143119_17282725.jpg

[PR]
by activenyker | 2008-05-07 17:24 | ごみ拾い
2008年 05月 07日 |
5月4日に第6回写真ワークショップが行われました。写真の歴史を学ぶと共に自分なりの写真の見方、楽しみ方を見つけようという趣旨の会、今回のお題はずばり「日本」。

まずは「日本の写真、写真の中の日本」というテーマでレクチャーをしました。日本の写真とは何か?日本人が撮ったから日本の写真? 日本の公共施設にコレクションされたものをそう呼ぶのか? それとも日本社会に貢献したもの? このような質問を踏まえてのレクチャーで、皆さんに「日本の写真」について見直しを兼ねて考えていただけたらと思いました。1848年に最初のカメラが薩摩藩を通じて輸入されてから、アートとしての発展や大衆化、プロパガンダツールを経て現代日本における写真ジャンルの境界線はますますぼやけてきているようです。

毎回お題に沿った写真をお持ちいただくようにお願いしており、今回は「自分が日本を感じる写真」をお願いしました。写真と写真家の国籍は問わず、ということでしたが私自身のセレクションを含め日本で撮影された写真が多く集まりました。外国に住む日本人だけにやはり遠く離れた土地そのものに日本を強く感じるのかもしれません。ある方は新潟への温泉旅行の際にホテルから撮った日本海と夕日の写真を持ってきてくださいました。また、出張中に訪れたラスベガスの国立公園で見た日の出の写真を持ってきてくださった方も。他の方が持ってきてくださったご家族とのお花見の写真では桜がほとんど写っていないにも関わらず、ご両親が遠慮がちに寄り添う姿や地面にブルーシートを敷いてちゃぶ台を囲む皆さんの様子等身近な日本を感じさせるポイントが見えます。皆さんのお話に共通しているのは撮影時の体験がその写真の日本的要素を強めているのではないかということです。つまり、写真そのものの中だけにコード的に日本を読み取るというよりも、温泉宿から日本海と夕日を眺める、日の出を観にいく、ご家族やご友人とお花見をする、こうした個人的な体験と相関することでその写真の日本色が自分の中でより強まるのかもしれません。また一方、参加者の方の中には子供の頃の通学路で見ていた工場地帯の風景から、畠山直哉さんの石灰工場の写真に日本を感じるという方もいらっしゃいました。

今回お忙しい中参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!今回ご参加頂けなかった方も次回にお会いできるのを楽しみにしています。

手島
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Sky Plane Skin by Sun&Moon