NYライフを盛り上げる!
activenyer.exblog.jp
Top
第12回 写真ワークショップ 【9月7日(土)】ご報告
2008年 09月 23日 |
今回の写真ワークショップは「ストリート」をテーマに写真家棚井文雄さんをお招きしました。最初の30分ほどを写真史のレクチャーに充て、その後棚井さんの作品紹介と皆さんとのディスカッションを行いました。

レクチャーではいわゆる「ストリート写真」を形成したと言われている写真家達の作品と、彼らに大きな影響を受けた次世代の写真家達の作品を紹介しました。「ストリート写真」の定義自体はっきりと決まっている訳ではないので、それを考えさせるような写真、すなわちあからさまな演出や特殊効果を駆使した作品等についてもお話しました。

棚井さんにはヨーロッパ各地と中国で撮影した作品をお持ちいただきました。話題の中心となったのは撮影方法についてです。棚井さんは街を歩き回り、ピンと来た場所に根を下ろして決定的瞬間を待ちます。1日そこで待ち続けるも、1回もその瞬間が訪れない日もあるのだそうです。

最後に皆さんのお持ち頂いた写真についてディスカッションを行いました。ストリートで見かけた幸せな瞬間を写真にしたいとおっしゃっていた方は、主にストリートパフォーマーを白黒で撮影されていました。熱気溢れるNYのパフォーマーとは対称に彼女の視線は緩やかで静かなものに感じました。旅行で訪れたフランスで撮影したストリート写真を持ってきてくださった方は、選ぶ段階で「そういえばストリート写真って何だろう?」と考えたとか。考えの末に持ってきて頂いた写真はシンプルに「街の通りが写っているもの」。しかしながら斜めに切り取った構図など、少しの工夫で街がより斬新に見えていたと思います。自分の写真に対するフィードバックを得たり、他の人の写真をみることで、自分の写真の特徴やくせなどが少しだけ浮き彫りになったのではないかと思います。

次回の写真ワークショップについては未定ですが、またウェブサイトとメーリングリストで追ってお知らせいたします。今回御参加くださった皆様、活発な意見交換やご意見をどうもありがとうございました!

c0143119_2122722.jpg


[PR]
<< 単発テニスレッスン 【9月6日... PageTop 第 12 回 NY ごみ大作戦... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Sky Plane Skin by Sun&Moon