NYライフを盛り上げる!
activenyer.exblog.jp
Top
第10回 写真ワークショップ 【7月12日(土)】 ご報告
2008年 07月 16日 |
今回のテーマは旅ということで「旅するカメラ: 写真家の旅と写真」と題したレクチャーを行い、その後藤岡亜弥さんの作品と皆さんの写真について話し合いました。

レクチャーでは個人、団体の地理的な移動を旅として取上げ、写真家が捉えた光景を大まかな時系列に紹介していきました。19世紀半ばのフランスで政府が写真家達を国中に派遣し歴史的建造物を記録したヘリオグラフィックミッションからスタートし、現代では韓国人アーティストが観光旅行者のステレオタイプをテーマに作品を制作するまでになっています。

藤岡さんは一年半に渡るヨーロッパ放浪中に撮った写真をまとめた「さよならを教えて」と、その本に入れなかった未公開の写真を持ってきてくださいました。旅の記録というよりはご自身の記録といった方が近い写真の数々はいわゆる「旅の写真=その土地の特徴を捉える」という図式から大きくはみ出ており、参加者の方々が抱いていた既成概念を変えるものだったのではないかと思います。

他には逆説的にNYでの生活を写した写真を持ってきてくださった方がいました。その方曰く、同僚は休みになるとヨーロッパ等の国外に行ってしまうが、元々異国であるこの土地も自分にとっては旅を感じる場所だということでした。確かにご本人が日本に帰国した後はそれらの写真が旅のような非日常の記録として残るのかもしれません。同じくNYの写真を持ってきて頂いた方はワークショップに向かう道すがらを旅と捉え、ショーウィンドウに移るご自分の姿や途中で食べたサンドイッチ等の写真を見せてくださいました。写真を撮ることでほんの数十分の移動を旅に変換できるという豊かな発想を感じる作品だったと思います。他には旅行先で撮影している旅行者を撮ったり、バスからの風景にあえて窓の反射を入れることで「旅らしさ」を強調した写真を持ってきてくださった方もいました。「人に見せる時はこういう方が面白いと思って」とおっしゃるその方が他にどのような写真を撮ったのか、そこにはない写真にも興味が注がれる写真でした。皆さんの遊び心や練られたセレクションのお陰で旅の写真のみならず旅そのものを問うような楽しい写真をたくさんシェアすることができたと思います。

今回参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!次回は7月27日(日)にメトロポリタン美術館のJeff Koons on the Roof展を皆さんと一緒に観にいく予定です。詳細は追ってお知らせします。今回お越し頂けなかった方もまた次回お会いできることを楽しみにしています。

c0143119_043150.jpg

[PR]
<< NYAMIGOのご案内(7月2... PageTop 第20回 ごみ拾い 【7月12... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Sky Plane Skin by Sun&Moon